マツエクの洗顔

​マツエクの洗顔

マツエクを付けた際の戸惑いの一番は恐らく洗顔でしょう。

ゴシゴシ洗いがダメ、しかし、馴染ませるように優しく洗える
オイル洗顔はマツエクが取れてしまうのです。

マツエクのグルーは脂分に弱く、手にももともとある皮脂にも注意を払い、
あまり触らないようにしないといけないサロンで施術後の説明を受けます。

その為オイル洗顔はもってのほか、オイルフリーの洗顔を使用しなくてはなりません。
となるとメイクはできないのでは…と思いますよね。

マツエクを付けるとまず、マスカラはほぼ必要なくなります。
つけるとすると上まつ毛、下まつ毛にもマツエクを付けているならばそれも必要ないでしょう。

マスカラやビューラーの手間を省けるクオリティをマツエクは持っているので本来必要ありません。
どうしてもマスカラを塗る必要があるならば、お湯で落とせるものを毛先だけ塗るのをおすすめします。

基本的にマツエクを付けた後、メイクは薄めでOKです!


アイライン等をひいたようなデザインもできますし。
もしそうでなくアイラインをひきたいのであればお湯で落とせるものを選んでくださいね。

そして洗顔時は出来るだけまつ毛に触れないようにするのが大切です。


オイルタイプは確かにもちが悪くなりますが、
それだけでとれるわけではなく洗顔時のクルクルと指で馴染ませる動き
マツエクの取れやすさに影響するのです。

マツエクをつけた後の洗顔で大切なのはまつ毛をつぶさない、
出来るだけ触らないことです。

そのため取れやすいメイク用品、アイライン等しっかりひきたい場合
メイクオフは拭き取りタイプ泡タイプのクレンジングを利用してください。

この二つならまつ毛に触れなくてもしっかり落とせ
泡タイプですと顔全体きっちり洗い流せるのですっきりしますね。

マツエクをつけているとこのように洗顔に気を遣わないといけないので、
綺麗に落とし切れない箇所も出てきてしまいます。

落とし切れないアイメイクは細菌繁殖の温床になりかねないので
アイメイク自体を薄く出来るようにしたいですね。

マツエクのデザイン次第でそれは可能です!
マツエクを付けるときはその辺も頭に入れて施術してもらうといいかもしれません。

結構気を遣うところもあり大変…とお思いの方もいるでしょう。
しかしマツエクを付けると逆に濃いアイメイクは必要なくなるのです。

そのためメイク時間の短縮メイクオフの負担が減るなど良いこともたくさんありますよ。
一見大変そうですが他の手間が減るのも目に見えてわかるようになります。